出雲市陸上競技協会

日本グランプリシリーズ第2戦出雲大会グレード2

吉岡隆徳記念第78回出雲陸上競技大会

審判出欠確認調査文書はこちらから

出雲市陸上競技協会は,「出雲陸上」「出雲駅伝」「くにびきマラソン」などの全国レベルの陸上競技大会を主管するとともに,地元の小・中・高・一般選手の陸上競技大会や記録会を主催したり, 出雲市を中心とした小・中・高・一般選手の 大会出場や合同練習会の支援を行ったりしています。

吉岡隆徳記念出雲陸上競技大会
第77回大会 YOSHIOKAスプリント男子300m

 「吉岡隆徳記念出雲陸上競技大会」は「小・中学生からトップアスリートまで、トラックシーズンの幕開けは出雲から」をスローガンに、日本グランプリシリーズ出雲大会として,毎年4月に開催している大会です。

 2024年度は,4月13日(土)14日(日)に第78回大会を開催します。

 2023年度に行った「日本グランプリシリーズG3 第77回出雲陸上競技大会」2日目の様子は、日本陸連公式サイト からご覧いただけます。

 

出雲駅伝
第35回大会優勝フィニッシュ風景 鈴木芽吹選手(駒澤大学) 写真提供:出雲全日本大学選抜駅伝競走組織委員会

 三大駅伝の一つに数えられる「出雲全日本大学選抜駅伝競走【出雲駅伝】」は、平成元年から始まったロードレースシーズンの幕開けとなる10月のスポーツの日に開催している大会です。

 第35回大会は、2023年(令和5年)10月9日(スポーツの日)に,全国各地区学連から選抜された20チームにアメリカIVYリーグ選抜チームを加えた21チームが、神在月の出雲路を疾走しました。結果は、第1区から先頭に立った駒澤大学がそのままフィニッシュテープを切り、大会新記録で2連覇を達成し、大学三大駅伝の2年連続3冠に向けて順調にスタートしました。

 大会の詳細は出雲駅伝公式ホームページhttps://www.izumo-ekiden.jp/をご覧ください。

くにびきマラソン
2023年 出雲くにびきマラソン大会

 冬の神話の国出雲の地を走り抜ける「出雲くにびきマラソン大会」は,出雲の冬の風物詩になっています。公認のハーフコースと10kmコースの他に,一般の5km コース ,中学生・一般の3km コース ,小学生・一般の1.5kmコースを行っています。
 「2024(第41回)出雲くにびきマラソン大会」は、2024年3月3日(日)に、「走ってえがこう、ご縁の輪!」をスローガンに、島根県立浜山公園をスタート・フィニッシュにして開催します。申込期間は2023年12月8日(金)~2024年1月10日(水)で、定員3200人限定です。詳細は、出雲くにびきマラソン大会HPをご覧ください。

出雲市陸上競技協会への問い合わせ

出雲市陸上競技協会事務局 

〒693-0022 

島根県出雲市上塩冶町1747-19 錦織孝司宅 

☎ 090-1685-5035  

mail:jinzhixiaosi@gmail.com

タイトルとURLをコピーしました